週末は秋を実感しました

先日の土曜日、近くのショッピングセンターへ夕飯の材料を買いに出掛けました。
自宅付近の団地の中を歩いていると、甘~い香りをした芳香剤のような金木犀(キンモクセイ)の香りが漂ってきます。
ふと横を見ると、オレンジ色をした細かい花をたくさんまとった金木犀の花が民家の玄関脇に植えられていました。
この香りを嗅ぐと、おもわず秋の気分に浸ってしまうものであります・・・。
ショッピングセンター内にある食品売り場では、キノコ類や里芋、生鮭や秋刀魚などの秋特有の食材が前面展開されていました。
家にバターがたくさん余っていたし、活きが良さそうだったので、「今日は鮭のムニエルでも作ってみるかー」と思い立ち生鮭を購入して家路についたのです。
夕方にショッピングセンターから家にもどると、さっそく調理にとりかかりました。
最初に牛乳で臭みを抜いてから、鮭に塩こしょうして小麦粉を薄く振りかけます。
次に、フライパンに同量の油とバターを温めそこに鮭を入れて、弱火で両面を焼いていきます。
その後、鮭にある程度火が通ったのでそのまま皿に盛り付け、レモン汁をかけてできあがりです。
味見をしてみると、味が淡泊でどうも面白みがありません・・・。
しかたないので、マヨネーズと黒こしょうをかけてもう一度味見してみると、なかなか良い感じです。
その後、家族も口にすると、「こういう食べ方もたまには良いね~」と言って喜んでくれました。
しかしながら、鮭はやっぱり、塩引きしたものを網で焼いて白米と一緒に食べるのが一番ですね~。
レストランで食べる分にはムニエルも良いのでしょうが、今回は、塩鮭の良さを痛感した次第であります。