映画の本数が

2017年熊本地震後、私の中で変わった事が1つ。それは映画館で映画を見るようになったということです。地震前は映画を見る数なんか年間1本2本くらいだったにも関わらず、映画館が8カ月休館を余儀なくされ、いざ出かけると思うと「見たい映画があるのに県外でしか見れない。」「DVDをレンタルしかない」と思ったときにふとさびしさを感じたのも事実。そんな日々を送っていた私は映画館復活した初日に見に行きました。ずっと見れなかった映画が特別料金で見れたからです。それからというもの2017年になり見た本数は1月から10本以上になっているのが現状です。昨日も映画館で「ミニオンズ」を見てきました。ミニオンかわいすぎ(笑)来週は「君の膵臓を食べたい」を見に行く予定。一体何本見るんだい?という感じです。人はよく「なくしてから大切なものに気付く」と言いますが、ほんとにその言葉が身にしています。映画館で見る迫力と、DVDでは世界観がやっぱり違いますね~どうやら私は感情がいまいち不足しているようなので、映画を見て感受性をつけたいな~思っているところです。28歳にして感受性をつけなきゃいけないって「どんな大人やねん!」と思いますがないのでこればかりはしょうがないですね~