看護師の嫌味がすごくて精神崩壊した

とある病院に治療に行った時のことです。看護師が一々嫌味を聞かせてくるので、精神的に落ち込んだことがあります。わたしが病気で臭くなっているのが分かって、仲間内で「公害よ(笑)」なんてニヤついて言っていたりするのです。

複数の看護師で、隠語みたいなものを使ってそうした嫌味をぶつけられて、看護師に精神的に莫大なダメージを与えられてしまいました。しかもその看護師は、嫌そうな表情を顔いっぱいに作って、わたしに対処してくるのです。周囲に聞こえるような大声で、嫌味な言葉を話して聞かせてくるのです。

もうこの場から永久に消え失せたいと思うほどのダメージでしたが、しかし医師が何も言わず対処してくれていたので、なんとかその場を乗り切ることができました。

その経験のせいで病院は怖くていけなくなってしまいました。きっと看護師はもう来ないようにと徹底的に痛めつけていたのかもしれません。彼女らの計画通りに私は傷ついて行く気も失せたというわけです。

看護師って、もっとナイチンゲールみたいに、優しさ全開みたいな職業じゃなかったんでしょうか。人助けとケアのプロフェッショナルなら、もっと人を傷つけない対応してくれよというところです。