小田原市×夜勤専従求人【看護師転職】

小田原市 夜勤 看護師求人小田原市にある看護師求人の多くは非公開になっています。下記の2サイトが小田原市の多数の求人を扱っているので、両方のサイトに登録して紹介してもらうと効率が良いです。

満足度

対応地域


求人数

詳細

看護のお仕事

ナース人材バンク


夜勤専従のメリット・デメリットを書いています。
小田原市の求人情報も掲載しているので転職活動の参考にしてください。
※記事が長いので、目次からご自身の気になった項目を選んで読んで下さい。
目次

夜勤専従~気になる勤務実態と求人の選び方@小田原市~


看護師の勤務形態の中に夜勤専従という働き方があることをご存知ですか?

夜勤専従とは、日勤シフトには入らずに夜勤シフト専門で病院で働く勤務形態のことです。

小田原市看護師の中で夜勤専従で働いてみたいと思っている人は、夜勤専従のメリットやデメリット、

お給料の相場、求人を探す時のポイントなどを気になる勤務実態や待遇面をぜひしっかりチェックしておきましょう!

トップへ戻る



■夜勤専従看護師のメリットとデメリットを知っておこう@小田原市


夜勤専従のメリットはなんと行ってもプライベートな時間を確保しやすいこと、一方のデメリットは夜間に働く不規則さから体調を崩しやすいことでしょう。

夜勤専従になると1回の勤務時間が長い分、次の夜勤まで間隔が空くため比較的プライベートな時間を確保しやすいのですが、夜間に長時間働けば体力的にも負担が大きくどうしても体調管理が難しくなります。

小田原市で夜勤専従として働きたいと思っている看護師はこのメリットとデメリットをしっかり把握たうえで、自身が夜勤専従に向いているかどうかを確認する必要があります。

トップへ戻る



・夜勤専従での勤務形態はプライベートな時間を確保しやすい


夜勤専従看護師として働くメリットは、従来の看護師の激務スタイルからは想像できないほどプライベートな時間をしっかり確保できるという点です。

夜勤専従は仕事中心の生活といったイメージになるかもしれませんが、実は日勤だけ、もしくは日勤と夜勤の両シフトに比較的プライベートな時間は確保しやすいのです。

プライベート時間が確保しやすい夜勤専従は、ほとんどの場合2交代制の夜勤に入ることになるため1回ごとの勤務時間は長くなりますが、

次回の夜勤までの間隔が必ず24時間以上空いていることから、自宅に戻って自由に過ごすプライベート時間が十分に確保できるのです。

プライベートな時間を確保したい看護師、ワークライフバランスを重視したいという看護師にとっては、家庭と両立できるメリットはとても大きいのです。

トップへ戻る



・体調管理を考えるなら夜勤専従の期間を決めておく


夜勤専従には先に紹介した通りプライベートな時間を確保できるというメリットがある反面、1回の勤務時間は16時間以上にもなる過酷勤務となるだけでなく、

通常は睡眠をとる夜間に働くことになるため、昼夜逆転を起こし体調を崩しやすいというデメリットは避けようがありません。

もちろん体調を崩してしまうと仕事を続けることは難しくなるだけでなく、体調によっては今後看護師自体を続けていくことが難しくなる場合もあります。

夜勤専従となる場合は長期間続けるのではなく、半年、もしくは1年など自分の中で夜勤専従をやる期間をある程度決めておき、

自身の体調を注意深く見ながら体調を崩してしてしまう前には夜勤専従をすっぱり辞めるように決めておくことも大切です。

トップへ戻る



■小田原市で夜勤専従の求人探しのポイントは?


希望する求人を探す時はついつい給料などのメリット面ばかりに目がいってしまいがちです。

しかし、小田原市で夜勤専従の求人を探す時のポイントとして、勤務中に仮眠はきちんと取れるか、

夜勤専従に対する各種サポート体制は整っているかといった点を勤務に入る前にきちんと確認しておく必要があります。

このように勤務中の仮眠時間やサポート体制の有無といったポイントの確認は過酷な勤務の中で体の負担を最小限に抑えて少しでも長く勤務し続けるためには夜勤専従をする上でとても重要なことなのです。

トップへ戻る



・夜勤中に十分仮眠時間があるか


夜勤専属になるには夜勤中に仮眠が十分取れる勤務時間配分が担っているかは必ず確認しましょう。

夜勤専従の看護師にとって夜勤中に仮眠が取れるかどうかは、体調維持、体調管理においてとても重要なポイントです。

一回の夜勤は16時間を超える長時間勤務になるため、仮眠が十分に取れない場合は眠気や疲労から医療ミスが起こりやすくなります。

労働基準法では、「労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけない」と定められているため、

2交代制の夜勤であれば2時間の仮眠時間が取れるはずと思われているかもしれません。

しかし、よく基準法を読んでみると「8時間以上の勤務は1時間の休憩があれば法律違反ではない」となっていることに気付きますね。

つまり、これは「16時間の勤務でも2交代制の夜勤1時間の休憩であれば問題ない」と法律の抜け穴に当てはまるのです。

また勤務条件上は仮眠時間が設定されていても、患者からのコールや患者の急変があればいつも忙しくて「事実上、仮眠時間はなし」という場合もあります。

そのため、たとえ2交代制の夜勤であっても必ず2時間の仮眠時間があるという保証はありません。

仮眠時間はきちん取れるか、ほぼ毎回の夜勤できちんと仮眠を取れるのかはチェックすべきポイントです。

病院や施設によっては仮眠時間がきちんと設定されていない職場もあるので、入職を決める前に勤務条件として病院側に確認するようにしましょう。

トップへ戻る



・夜勤専従看護師へのサポート体制は整っているか


夜勤専従の看護師へのサポート体制がきちんと整備されているかはしっかり確認することをおすすめします。

緊急入院が来たのに入院を取る手順を指導してくれる人が誰もいない、

夜勤専従へのサポートが全くない医療機関の場合は、夜勤初回から1人でフロア全体の夜勤を任されたり、

先輩看護師からの教育や指導もなく、役にも立たない簡単な夜勤マニュアルを渡されるだけといったケースもあります。

緊急時対応で入院患者を受け入れる手順すらも説明指導してもらえず、何をどうして良いのか全然わからないという状況になってしまう可能性もあるのです。

最悪の場合は、患者さんが亡くなった時のマニュアルもないという現場もあるほどです。

こういう職場状況では、夜勤専従になると大きなストレスを抱えることになり、長く続けることはできません。

初回夜勤ではマンツーマンで指導してくれるベテラン看護師がつき対応などのリードを取ってくれること、

各手続き手順や緊急対応について細かく記載されたマニュアルがあるなど夜勤専従の看護師へのサポート体制が整ってくれる医療機関かどうかをきちんとチェックし、長く夜勤専従を続けられる職場を小田原市でも選ぶようにしましょう。



小田原市で夜勤専従の求人を探す際にオススメの求人サイトは下記の3つです。

いずれも小田原市の求人を多く扱っています。サイトによって掲載している求人が違うので、各サイトを確認して求人の比較をする事をオススメします。

トップへ戻る



◇おすすめの求人サイト|小田原市


小田原市の求人数が多い看護師求人サイト1

⇒詳細はこちら

小田原市の求人数が多い看護師求人サイト2

⇒詳細はこちら

小田原市の求人数が多い看護師求人サイト3

⇒詳細はこちら

小田原市のおすすめ看護師求人


※ここで掲載しているのは求人サイトに掲載されていた情報です。 今現在同じ求人が出ているかは各求人サイトをご確認ください。

■医療法人小林病院
〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-14-18
募集職種正看護師
配属先病棟
雇用形態常勤(夜勤有り)
給与月収209,100円~ (手当含む)
掲載サイト看護のお仕事


■医療法人財団 報徳会西湘病院
〒250-0001 神奈川県小田原市扇町1-16-35
募集職種正看護師
配属先病棟
雇用形態常勤(夜勤有り)
給与月収284,000円~ (手当含む)
掲載サイト看護のお仕事


■小田原市小田原市立病院
〒250-0055 神奈川県小田原市久野46
募集職種正看護師
配属先病棟
雇用形態非常勤
給与時給1,720円~
掲載サイト看護のお仕事


■あすなろクリニック
神奈川県小田原市鴨宮3-19-13
募集職種看護師
配属先0
雇用形態常勤
給与月給18万円 ~
掲載サイトナース人材バンク


■医療法人同愛会小澤病院
神奈川県小田原市 本町1-1-17
募集職種看護師(正看護師)、准看護師
配属先病棟、外来、手術室、透析
雇用形態正規職員 、 パート・アルバイト / 常勤 、 非常勤
給与月給:305,000円
掲載サイトナースではたらこ



トップへ戻る